サプリメントでダイエット

サプリメントをとる時の注意3ヶ条

1 サプリメントだけに頼らず、まずは食事を摂るように

食事にはあらゆる栄養が含まれていて、それをすべてサプリメントで補おうとするのは無理です。

サプリメントはあくまでも食事の補助と考え、できるだけ栄養は食事から摂りましょう。


2 多くとればいい訳ではありません!とる量とタミングを守りましょう。

サプリメントは痩せたいからと言って、多く飲めばよいというわけではありません。

効率よく働かせるためにも説明書にかかれた量と時間を守って摂りましょう。


3 海外のサプリメントは日本人の体に合わない場合もあるので注意

海外で買ったサプリメントは摂る量などが必ずしも日本人の体に合ったものではない場合があるので注意しましょう。

日本で売られている物を選ぶのが無難です。

サプリメントでダイエット

ダイエットに効果的な栄養素はコレ!

1 ビタミンB1

砂糖や炭水化物などの糖分を分解して、効率よくエネルギーに変えてくれる成分です。

B1が不足すると糖質をたくさん摂った時、分解できなくなります。とくに主食や甘い物が好きな人は積極的に摂るようにしましょう。


ビタミンB1を多く含む食品

豚肉、ロースハム、うなぎの蒲焼き、かれい、かつお、ぶり、鶏レバー、大豆、胚芽精米、玄米など。


2 ビタミンB2

脂肪をエネルギーに変える時に必要なビタミン。

これが不足すると脂肪が血液や肝臓に蓄えられて、脂肪太りしやすくなります。肉類など、脂っぽい食べ物が好きな人は、しっかり摂るように心がけましょう。


ビタミンB2を多く含む食品

牛、豚、鶏、などのレバー、うなぎの蒲焼き、さば、ぶり、さんま、納豆、牛ヒレ肉、卵、牛乳など。



3 食物繊維

腸を掃除しながら腸をのぜん動運動を促進し、便秘を解消してくれる成分。

お腹の中で膨らんで満腹感をもたらしてくれる働きもあります。また、血糖値の上昇を抑える働きもあるので糖尿病予防にも。

食物繊維を多く含む食品

玄米、ライ麦パン、ごぼう、かぼちゃ、ブロッコリー、しめじ、しいたけ、ひじき、りんご、干し柿など。


サプリメントでダイエット

ダイエットによいとされるサプリメントの成分

1 キトサン

カニのカラなどに含まれるキチン質を加工したもので、動物性の食物繊維。

満腹感を与えてくれたり、便通をよくしたり、血糖値の上昇を防ぐ効果があります。



2 カプトサイシン

唐辛子に含まれる辛味成分。

脂肪を分解する成分リパーゼを活性化する働きがあり、血行を促進するはたらきもあるので、体を温める効果もあります。



3 ガルシニア

東南アジア産の果物タマリンドから抽出した成分。

果糖を体に吸収されるのを防いでくれる働きがあります。また、甘味を感じにくくする作用もあるので、甘いのもが好きな人に最適。



4 ギムマネ

インド産の薬草に含まれる成分。

糖質が体内に吸収されるのを阻害する働きがあり、体脂肪の合成をしにくくします。また、血糖値の上昇を抑える働きもあります。

サプリメントでダイエット

ダイエットに効く栄養素とサプリメントの上手のとり方

ダイエットにはB1、B2、食物繊維がオススメ

ダイエットには、ビタミンB1、B2、食物繊維が有効です。

ダイエット中に敬遠しがちなに肉類や青魚にも実はB1、B2が豊富です。これらの栄養素はなるべく食事から摂って。サプリメントはあくまでも補助的に利用しましょう。



ダイエット中に不足しがちな成分も補給を

ダイエット中、肉類や乳製品を制限していると、不足してくるのが鉄分やカルシウム。

栄養のバランスが偏ると健康的に痩せることができません。鉄分やカルシウムも食事やサプリメントで補給するようにしましょう。

鉄分は肉類や煮干しやしじみ、あさりなどの魚介類に、カルシウムは小魚類や小松菜などの青菜類、大豆製品などに多く含まれています。



サプリメントでダイエット

人気のダイエットサプリメント

1位 キトサン系

脂肪吸収抑制だけでなく、便秘にも効果があるために人気のようです。



2位 カプサインシン系

唐辛子に含まれる成分で、運動と組み合わせて摂っている人が多いようです。



3位 ガルシニア系

ダイエットサプリメントしてはすっかり定番ですよね。

他の成分と組み合せたミックス型のサプリメントが人気のようです。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。