筋肉について

筋肉だけが落ちてしまう、ということはないですか?


正しい減量法を心がければ、筋肉だけ落ちる事はありません。

正しい減量法を実行すれば体重の減少と共に体脂肪も減っていきます。しかし誤った減量法(例えば単品ダイエツト)では体重が減るだけで、体脂肪は減りません。と言うことは、体重が減ったあとの体脂肪率は逆に増えている事になります。

脂肪の減らないダイエットは脂肪分以外の筋肉などが減るだけで、体脂肪率は増えてしまうため、注意が必要です。

◇◆なぜボクサーは普段から絞まっていると思います?◆◇

  食べても太らない方法を知っているだけなんです。

 キックボクサーが明かす、やせる!体脂肪燃焼ダイエット


筋肉について

『痩せて見える人』と『太って見える人』の違いは?

筋肉がついていると体にメリハリが出て痩せて見える

体型には骨格の違いの他に、脂肪と筋肉の割合からくる脂肪の付き方による違いがあります。
ふくよかな感じの体形なら皮下脂肪が厚いですし、筋肉質で皮下脂肪の薄い人は同じ身長・体重でも痩せて見えます。

スポーツや体を動かすことで脂肪を徐々に減らし、筋肉を付けていけば、体重が変わらなくてもメリハリが付き、今より痩せて見えるようになります。

気になる腹筋・下半身を集中エクササイズ!



これでダメなら「究極のダイエット」でしょ!ノウハウさえ覚えてしまえばこっちのモノ。



筋肉について

運動は毎日しないとやせないの?


まずは小さなことから始めてみては?

出来るだけ長時間毎日続けられれば、脂肪の燃焼効率も上がり、太りにくい体をつこる事が出来るといわれています。

ただし毎日絶対にしないと効果が無いわけではありません。 全然運動をしないよりは、1週間に数回だけ、気づいたときに少しでもエネルギーを使うように心がければそれはけしてムダではないのです。

運動が好きではない人や時間のない人が、かって『絶対やらなきゃダメなんだ』と重く考えてしまうことのほうが心配。

日頃『エネルギーを使うように心がける』ことは、じつは積もり積もれば結構大きな消費エネルギーになるのです。まずはエレベーターを使わずに階段を上がってみるなど小さい事か始めて、余裕があるならとにかく沢山歩いてみる・・・など、マイペースで続けられるような方法からトライして見てくださいね。







Nanoチタンゲルマニウム17粒ブレスレット/T-E16[送料無料]【美容健康ダイエットブランド品、生活家電まで!「at-brains Inc. select shop」】




←スゴイ勢いで売れてるらしいです。

  73%OFFで送料が無料だから?

  詳しくは⇒ここ!



 

筋肉について

筋肉をつけると脂肪が燃焼しやすい?

筋肉の多い人は脂肪をたくさん消費します

筋肉組織は沢山のエネルギーを使う組織です。ですから、筋肉の多い人は、同じように過していても沢山のエネルギーを使います。脂肪組織はそのエネルギーの燃料となるものです。

つまり、筋肉の多い人ほど沢山脂肪を使うと言うことで、逆に脂肪が多くて筋肉の少ない人は脂肪が消費しにくい体質ということ。この状態でさらに沢山食べて脂肪を補給してしまうと、減りにくい、さらに脂肪が増えるという悪循環に陥ってしまうんですね。


塗るだけでエアロビ6日間の運動量⇒簡単!燃焼ダイエットはこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。