ダイエット基礎の基礎

セルライトってなに?

セルライトを「脂肪」だと思っている人も多いと思います。

実際は脂肪ではなく、血流が悪くなったり、リンパの流れが
滞ったりすることで出来る、脂肪細胞の変性した状態の事を
セルライトと言います。


セルライトとは、思春期以降の太った人から、痩せた人まで、
ほとんどの女性に見られる現象です。

血行不良が皮下組織で起こったことが原因です。

それから、セルライトは妊娠線とも呼ばれます。

セルライトが出来てしまう原因は脂肪が急激についたり、
胎児の成長などで皮下組織内で起こります。


結果的に体重は増加傾向になりがちです。

体脂肪の多い人や、皮下脂肪の多い下半身部分(お尻、太もも、
など)や、二の腕に出来やすいようです。

セルライトが太ももなどにでき、悩むひとは大勢います。

太っていなくても代謝の低下や、血行不良などが主な原因です。


皮膚の表面にある、ボコボコしたものが、まさにセルライト
なんです。

贅肉のつきやすい、お尻、太もも、二の腕などに出来やすい
傾向があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。