食事でダイエット-太らない食生活

痩せる為の体質別食事療法-その2-

それでは、ヴァータ体質の人、いきます。

【ヴァータ】体質の食事療法

■ 食事は「腹八分目」を徹底する。(満腹になるまで食べてはダメ)

■ 必ず3食摂る。(1食抜きは絶対禁止!)

■ 甘い物は朝食に食べる。

■ 都合で夕食が遅くなるようだったら、夕方に軽く食べて夕食時にその分減らす。

■ 低温期ダイエットをするのも効果あり。


それでは、説明します。

続きを読む前に是非1票を⇒人気blogランキングへ
fc2seesaablue.gif


■ 食事は「腹八分目」を徹底する。(満腹になるまで食べてはダメ)

今までの食事で問題ありませんが、揚げ物、肉類は控えます。

「腹八分目」が習慣になるまで、意識し徹底してください。

どれくらいが「腹八分目」と言うと、満腹感の出るちょっと前、少し物足りなさを感じるくらいで終わりにします。これを実行すれば確実に摂取カロリー2割は減らせます。

これが定着すると、身体が軽くなり疲れも出にくくなります。

このタイプは冷え性の人が多いので冷たい飲み物や生野菜等を避け暖かい料理を多く摂るといいです。


■ 必ず3食摂る。(1食抜きは絶対禁止!)

このヴァータ体質は行動的で活発ですが疲れやすいタイプです。

極端な食事制限や1食抜きなどすると、体調を崩しストレスもかなり溜まりますので、食事抜きはせず、3食キチンと摂りましょう。


■ 甘い物は朝食に食べる。

疲れると、つい甘い物に手が出るタイプなので、食事はキチンと摂る事が大切です。どうしても食べたければ、朝食時に摂ってください。例えば、パンにジャムや蜂蜜をつけるとか、朝食に変えて大福などの和菓子を食べるとか・・・。朝の内に摂ればカロリーは、その日の内に消費できます。



■ 都合で夕食が遅くなるようだったら、夕方に軽く食べて夕食時にその分減らす。

空腹の時間を短くするという事です。



■ 低温期ダイエットをするのも効果あり。

女性の場合、生理もダイエットに活用しちゃいます。

生理前の2週間は体温が高めで、食欲も亢進し、イライラしやすい高温期です。ダイエットは生理がはじまって3日後くらいの低温期からスタートした方が効果あります。そして高温期に入って「腹八分目」が難しく感じたら低カロリーで量のある食事を摂ります。

低温期の2週間はしっかり「腹八分目」を徹底させます。

こういった自己コントロールが出来ればダイエットは好循環に入っていきます。


次回はピッタ体質の痩せる為の食事療法です。

 人気ランキング参加中です。
 是非ポチッ!と一票を⇒人気blogランキングへ
fc2seesaablue.gif



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。