色とダイエット

ダイエット効果のある色って、実際にあるのでしょうか?

●ダイエットに効果的な色パート1 「青」

青から紫がかった色は、食欲を抑え、食べ過ぎを防いでくれるます。

食卓の周りを、すこし青色でコーディネートしてみては如何ですか?テーブルクロスやランチョンマット、盛り皿や箸、箸置きなど、食卓を青色取り入れて、食べ過ぎを防ぎましょう!



●ダイエットに効果的な色パート2 「黄」

ダイエット中に気になるのが便秘の悩み。宿便を体内から排出しただけで、体重も減り体調も良くなります。

昔から「黄色」は胃腸に効く色とされ、腸の緊張を和らげ、刺激を与えてくれます。トイレの便座カバーやマット、小さな置物や花などを黄色に配色してみて、腸の働きを活発に便秘解消!ダイエットにも励んでみましょう!



●ダイエットに効果的な色パート3 「赤・緑・黄」

暖色系で色鮮やかな食材は、食欲を亢進させてしまいますが、体温を上昇さるという効果があります。

逆に寒色系の食材は、食欲を減少させダイエットには効果的ですが、体感温度を下げるという逆の働きもあります。

正しいダイエットには、規則正しい生活と適度な運動、そしてバランスの摂れた栄養素が必要不可欠です。


実は食材には、不思議にもそれぞれのカラーが、栄養素の種類に反映しています。

六つの基礎食品を、赤・緑・黄と3つに分けてみました。



■赤 血や肉になるももの

魚・肉・卵・大豆/魚・貝・いか・かまぼこ・鶏卵・大豆(製品)(良質タンパク質・脂質・カルシウム・鉄・ビタミンA、B1、B2)牛乳・乳製品・小魚・海藻/牛乳・チーズ・めざし・シラス干し・わかめ・のり(カルシウム・良質タンパク質・ビタミンB2・鉄)



■緑 野菜・果物

にんじん・ほうれん草・かぼちゃ、トマト(カロチン・ビタミンC・カルシウム・鉄・ ビタミンB2)だいこん・白菜.きゅうり・みかん・りんご(ビタミンC・カルシウム・ビタミンB1、B2)



■黄 その他 黄味がかったもの

米・パン・めん・いも・砂糖・パン・うどん・さつまいも・じゃがいも(糖質性エネルギー・ビタミンB1、C)サラダ油・バター・マヨネーズ(脂肪性エネルギー)





上の「赤・緑・黄」の栄養素を、バランスよく摂ることを心がければ、ダイエットの近道となります。



栄養学のことはよく分からない???という人でも、赤=血や肉になるももの緑=野菜・果物黄=その他、黄味がかったものこれでお皿に並べられたおかずを見て「赤・緑・黄」と、栄養の識別が簡単に出来ます。あとはバランス良い食事を心がけだけです!


あなたもどうですか?

色の効果を利用して、ダイエットに是非励んでみましょう!

   人気ランキング参加中です。
   よかったらポチッ!とな⇒人気blogランキングへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。