運動でダイエット

運動でダイエット・水中エクササイズ編

浮力のおかげで安全&ラクに運動ができる水の中は陸上より痩せるといわれています。

これは浮力や水圧、水の抵抗、水温といつた条件が運動効率をアップさせるためです。中でも浮力は運動ギライの人の強い見方です。 

たとえば胸の高さまで水につかったとすると、浮力によって体重は陸上の3分の1くらいになります。



そのため、筋肉にかかるからだの重さが軽減し、筋肉の緊張がとけるので、のびのびと動くことができるようになるのです。

同時に間接への負担も軽くなるので、筋肉や関節を痛めるることもなく、運動が苦手の人でも、楽に運動できるというわけです。

さらに水中では浮力の働きで筋肉を使わないと足を下ろすことができません。

そのために、陸上とは違った筋肉を鍛え、引き締めることが可能なのです水中の特徴を生かして効率よくシェイプ水中ではあらゆる方向から体に圧力=水圧がかかります。

とくに深いところほど水圧が高くなるため、足にかかる水圧がもっとも高いということになります。

強い圧力を受けた足の血官は圧迫されて収縮され、そして足の下にとどまっていた血液の流れがよくなるため、むくみが解消されます。

つまり、水圧のおかげで、水の中にいるだけでも、むくんだ脚がシッキリ脚に変わるのです。

また、水の中では、前に進んだり、手足を動かしたりしたときに、陸上よりも動きにくくなります。これは、空気の800倍といわれている水の密度がもたらす抵抗を体が受けているからです。

しかも、体が細くて軽い人に比べ、体が大きくて重い人のほうが水の抵抗を受ける面が広いため、消費エネルギーがアップ。

つまり水中では太っている人ほどやせやすいという嬉しい効果が期待できるのです。

さらに、この水の抵抗は体を動かす速度や、動きの大きさによっても変わります。同じような動作でも、大きく&速く動かせば強い抵抗を受け、反対に、小さく&ゆっくり動かすと抵抗は弱まります。

つまり、自分の動いた分だけ確実にエネルギーを消費することができるというわけ。だから、運動が苦手な人でも大丈夫。自分の運動能力に合わせて、マイペースで実行できます。


今日はここまで・・・

水中エクササイズ明日も続きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。