カロリーダウンの調理テクニック

ダイエットのための調理テク

調理テク1 使用する油は最小眼に

@油、バター、ドレッシングなどは、目分量ではなく、きちんと計算するクセをつけましょう。容器から直接、鍋に油を注ぐ・・・というのは考えもの。

A少量の油ですむ、フッ素樹脂加工のフライパン、電子レンジ、ホイルなどを上手に活用して。

B炒めものは下ゆですると少量の油で仕上がります。



調理テク2  素材の余分な油を落とす


@肉や魚の脂は、切り取ったり、網焼きにしたり、ゆでたりして、極力落とすようにします。

A油揚げや厚揚げは、ゆでたり熱湯をかけたりして、必ず油抜きを。ヘルシーなだけでなく、油臭さも抜け、味がしみ込みやすくなります。

B煮込み料理で浮いてきた脂はこまめにすくい取って。



調理テク3  低カロリー食品を上手に利用する

@ドレッシング、マヨネーズ、牛乳などなど、ちまたに溢れる低カロリー商品を上手に取り入れて活用。

A低カロリーの代表選手、きのこ、海藻、こんにゃくなどを積極的に取り入れます。貧弱になりがちなダイエットメニューがボリュームアップ!

Bカロリーの低い野菜をたっぷり添え、満腹感を。



調理テク4   薄味にする

@砂糖やしょうゆによる甘辛い味つけは、バランスをとるため、濃い味になる傾向があるので注意。おかずの味つけが濃いと、ごはんの食べ過ぎを招く恐れも。

A基本となるだしをしっかり取ります。

Bカレー粉ばどのスパイスを効果的に活用。



調理テク5  盛り付けを工夫する

@ダイエットメニューは、分量が少な目になるため、かさが多く見えるよう、小振りの器に盛り付けます。

A大きめにカットするなどして、ボリューム感を。

B骨付きの肉、殻つきの貝やえびなどの食材を選び、見た目を華やかに演出。

食べにくいので、ゆっくりと食事をすることになり、一石二鳥です!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。