リバウンドを知る

リバウンドを防ぐ11の提案-その1

提案1

おいしい、きれい、歯触りが違うなど五感を使った楽しい食事をする。


「見た目が美しい、歯触りにバリエーションがある、香りがいい、味つけがそれぞれ違う」など、互換に訴える食事を心がけましょう。充実した食事は、量が少な目でも満足感がありますから。味も彩りも単調な食事は、ただ胃が満杯になるだけで満足感が得られないと、ダラダラと食事をすることになり、ドカ食いを招く恐れが。



提案2

全身が映る鏡をお風呂場において毎日ハダカをチェック。


体重の増減に大騒ぎはしても、体型をチェックしない人が多いのでは。でも、体型が崩れては、美しさに欠けてしまいます。チェックにためには、全身が映る鏡を用意して。「ハダカで全身を映すのがポイント。正面だけでなく、後ろ姿や横も忘れずに。背中とヒップを見ると生活態度がわかるといわれ、欧米人は背中のケアに必死なんです。」

提案3

禁止事項ばかりっだとかえってストレス太りに要因になる。


「甘いものはダメ」「外食はダメ」と、禁止事項に縛られると、それがストレスとなってしまう場合が多々あります。「人眼は精神のバランスをとろうとするもの。ケーキ禁止などの規則に中にいると、反動で過食に走りがち」これは、リバウンドえを繰り返す人に多いパターンだとか。「絶対禁止ではなく、努力目標という程度に気楽に考えて。量を半分にするなど、精神的ゆとりを持った対応を」

提案4

帰り道、コンビにに立ち寄る習慣をやめて。


「コンビニで雑誌でも・・・」というつもりで立ち寄っても、すぐ隣にアイスクリームやジュースがあれば、それほど欲しくなくても、つい1個ぐらいと買ってしまうのが人情。コンビニへ寄らなければ買わなくてすむのに」お弁当やお菓子など、メニュー充実のコンビニは危険エリア。学校や仕事の帰りに、なんとなく寄り道してしまう習慣のある人は、要注意。飛んで火に入る夏の虫、なんてことにならないように。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。