リバウンドを知る

リバウンドを防ぐためには

リバウンドを防ぐには痩せたあとどうするか?と言うより、まずはダイエットの方法を選ぶ事です。

正しいダイエットをしてこそ、リバウンドは防げます。

では、ダイエットは、と言うと・・・。

よくダイエット後、元の食事に戻した途端、リバウンドしたと言う言葉を耳にします。
ダイエットの時だけ特別食にしているという事なのでしょうが、そもそも、これが間違い。
ダイエット中、多くの人は意志の力でガマンにガマンを重ねるような食生活を送っているでしょう。けれど、こう言った方法は正しいとはいえません。

正しいダイエット方とは、普段の食生活の問題点を改めた生活を送ること。その意味ではダイエットは自分の食生活を見直すいい機会です。悪い点を改め、それが習慣にできれば、痩せた後も、リバウンドする事はないんです。

カロリーを減らせば減らすほど、痩せられると思っていませんか?

けれど、それはリバウンドのモト。と言うのも極端な低カロリーで飢餓状態が続くと体は危機感を覚え。少しのエネルギー摂取をしても、脂肪として蓄えてしまうのです。

また、こうしたダイエットの後、元の食事に、戻すとなおさら。「また飢餓状態になるかも」と、体はここぞとがかりに、食べもののエネルギーを脂肪にかえて蓄える。その結果がリバウンド、と言うわけなんです。

逆に、適度にエネルギーを摂取していれば、体は「いつでもエネルギーが入ってくる」と安心。どんどんエネルギーを使ってくれるです。

こんなわけで、残念ながら、極端な低カロリー食でやせても、その体重をキープする事は不可能です。「絶対、余計な物は食べない」と決心していても、意志の力ではどににもならない食欲がわいてきたりして、結局はリバウンドをするでしょう。

目標体重を達成できても、「もっと、もっと」ダイエットがエスカレートする人がいます。そんな人の多くは「体重も落ちても、顔だけがまだ、ポッチャリしている」と不満を漏らし、ダイエットを続けようとします。

でも、いわゆる食事制限などのダイエットでは、部分やせは不可能です。

ある程度やせ、それでもダイエットと続ければ、確かに、気になる部分はやせていくでしょう。けれど、そうでない部分も同じようにやせるわけでるから、バランスとしては、同じ。

かえって気になる部分を目立たせることにもなりかねません。それに、「もっと、もっと」エスカレートするとその分、リバウンドの可能性も高くなるのです。

ですから、ある程度の体重をクリアしたら、それ以上、体重を落とすのをやめる事。
今度は、気になる部分をファッションやメイクでカバーしたり、運動で筋肉を引き締めるようにしましょう。もちろん、自分の体に対して、あまりにも不自然な目標体重を設定するなど、論外です。

以上にような点に考慮してダイエットにのぞめば、それほどダイエットを恐れる必要はないと思います。けれど、それでもどうしもリバウンドしてしまったら・・・。

ヤケになったり焦ったりして、安易に極端な方法に走らないようにして下さい。

「ちょっとがんばれば、2、3`はすぐにやせられる」と何度もダイエットを行い、リバウンドを繰り返している人もいるようですが、それはもってのほか、痩せにくい体になることは、おわかりですよね。

いずれにしても、リバウンドしたと時は、「最後のダイエットにしよう」と心してのぞみましょう。もちろん、最後だからといって、強い意志が必要とされるつらいダイエットをやれ、ということではありません。これまでの説明でもわかるように、そんな方法はリバウンドを招くモトです。

まず、これまでのダイエット法を見直し、ムリがなかったかどうかを確認。問題点を改め、焦らず、ゆっくりと痩せるつもりで始めてみて。ちなみに、1ヶ月に1キロ減がおすすめ。これくらいなら、まったくつらくないし、リバウンドする可能性はほとんどないといえるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。