リバウンドを知る

リバウンドの仕組み

せっかく頑張って痩せたのに、つい食べすぎて、私って意思が弱くて、ホント、ダメ・・・。

リバウンド経験者の多くは、こんなふうに嘆きます。あなたにも心当りがあるのではないでしょうか?意思が弱い、この言葉、本当に多くの人が口にすることです。「ダイエットにある程度の意思は必要です。でも、リバウンドするのは、決して意思が弱いからではないんですよ。

むしろ、意思が強い人のほうが、リバウンドしやすいかも」えっ、?ちょっと意外・・?でも、実はそうなのです。

ダイエットをすると時は、「あれもいけない、これもダメ」と完璧を求めて無理な計画をたてる人も珍しくありません。

禁止事項を多く作り、ガマンすればするほど早く効果が得られると思ってしまっているのでしょう。

でも、こうした方法は、精神的にも肉体的にも必ず無理があるものです。無理がある方法でやせても、意思が強い弱いに関わらず、いつかは、反動でドカ食いに走ってたり、疲れてしまい、「もう、やーめた!」とすべてを投げ出したくなるのです。その結果が何かはもうおわかりですよね。そう、恐怖のリバウンドです。

つまり、意思の問題に関わらず、ダイエット方法に無理があればあるほど、リバウンドはしやすいという事。

「リバウンドしたのは意思が弱いから」と思っているあなた、今一度、過去のダイエット方を見つめ直してみる必要がありそうです。 

「一般的には、あまりにも無理な方法を長く続ける事はは不可能です。ところが、完璧主義で意思が強い人は精神的にも肉体的にも限界なのに、意思の力でなんとかがんばって、無理な方法でも続けてしまいがち。そうなると反動も大きい。

つまり、リバウンドしやすいということになるわけです。

どんな方法でも、やせれば脂肪だけでなく筋肉もおちます。

筋肉が落ちると、基礎代謝が下がるため消費エネルギーも少なくなります。そんなとき、ダイエット前の食事に戻せば、エネルギー過多になるため、当然、余ったエネルギーは脂肪として蓄えられしまうのです。

つまり、痩せたい時が一番太やすいときなのです。

さらには、ホメオスターシスがあります。これは、自分で自分を守ろうとする作用。

例えば、痩せると体は゛危険゛と感じ、元の体重に戻ろう、戻ろうとがんばっちゃう。少しのエネルギーを摂取しても、無駄なく脂肪として蓄えようとしていまうのです。

要するに、痩せればリバウンドしやすくなるのは、ある意味、当然のこと。それを胆に銘じてダイエットしなくてはいけません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。