生理とダイエット

出産を経験すると生理痛が軽くなる?


生理痛がひどかった人でも、一度出産を経験した後は、ウソのように生理痛が軽くなったという話をよく聞きます。

出産後には生理痛が軽くなるといわれる理由は、出産で子宮頸管が広くなるからです。生理痛の原因のひとつには、細くて長い子宮頸管を経血が通過するためにおこると考えられます。

出産未経験者の場合、子宮頸管が狭くて固いので、痛みが強くなりがちです。ところが出産により産道がつくと、経血の流れもスムーズになり、痛みも軽減されるというわけです。 
また、メンタルな面も関係しています。
「お産をしたら、生理が軽くなった」と経験者などからきいて信じこむと、気分が楽になって、本当に生理痛が軽くなることもあるようです。 

生理痛はストレスなどでもひどくなります。気持ちが楽になれば、そのぶんストレスもたまらず、生理痛が軽くある事も充分考えられます。ただ、出産を経験したからといって、すべての人がかならず生理痛が軽くなるわけではありません。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。