生理とダイエット

生理前の不快な症状がおこるわけは?


生理が始まる1週間ぐらい前から月経症候群とよばれる不快な症状がおこります。

症状は人によってさまざまですが、体重増加やむくみ、便秘、下痢、乳房の張りや痛み、肩こり、めまい、吹き出物、肌荒れ、精神的なものでは、憂うつ、集中力低下や情緒不安定などがあります。これらは、排卵後から次の生理の間にプゲステロン(黄体ホルモン)が急激に減されるため、自律神経のバランスが崩れ、そのために起こると考とえられています。

この時期には、なるべく無視をしないで、ゆっくり過ごすことが大切。病気ではないので生理が始まったら、終わってしまえばおさまりますが、あまりつらい場合は、産婦人科に相談してみましょう。症状に合わせて薬を処方してくれる場合もあります。


ところで、

ダイエットを成功させる上で最も大切な3要素ってなんだと思いますか?



 1、体脂肪を落とす正しい知識

 2、行動

 3、継続

ですね。


いきなりですが、まずはコチラをご覧下さい。


    ▽ http://tinyurl.com/cxjuw ▽

一見、男性用のダイエットかと思いましたが・・・

購入者の男女比は50対50とのこと。。
やはり女性はダイエットには敏感ですね。

このダイエット方法ですが、今年6月より販売を開始してから

たったの5ヶ月で20キロ以上痩せた方が3人
10キロ以上が12人、4,5キロ以下は数え切れないそうです。
(ご報告者のみでです!)


ある女性の方からは4ヶ月で7キロの体脂肪を落とすことができ
境界型の糖尿病が治りましたと喜びの声も届いたそうです。

たるんだお腹を引き締めて腹筋を6つに割る方法(コンプリートパック)


腹筋割ってみる?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。