ダイエット基礎の基礎

肥満って遺伝するの?

遺伝よりその家の生活習慣が主な原因

両親ともに肥満の場合、80%の確率で子供もも太っているそうです。両親ともに肥満でないのに子供が太っているケースは、たったの10%しかありません。

肥満の遺伝と言うものもあって、脂肪細胞から分泌される食欲抑制物質のレプチンに対する反応が悪いと太ると言われています。

でも遺伝の因子は太る原因の3割にしか過ぎません。残り7割は生活習慣の問題、特に、母親からは食事の量や内容、早食いなどの食べ方のクセ、おやつの習慣など太る食生活がそのまま受け継がれます。

太る原因は後天的な要素がほとんどで、逆に肥満の遺伝子があっても、食べ過ぎなければ太ることはないのです。


ヤバイ!これからデートなのにスカートがきつくて入らない。
そんな時に威力を発揮する【たった20分でほっそり!勝負のときの強い味方!】





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。